最新型(?)競馬予想

独自の予想理論「TOS指数」を用いて、回収率110%を目指します!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

AJCCと東海ステークスの予想です

さて、早速AJCCから。今回は個別分析も交えていきます。

AJCC.jpg

変態馬場の14年は除いたのですが、路盤改修の影響がはっきりと解ります。


軽くなれば相対的にスローになるのは必然で、昨年はそれに輪をかけてスローでした。


このクラスになると、中山とはいえキレが必要ですが、やはり、1F伸びた分”長距離”になるようで、血統の傾向はかなり変わります。


去年よりは馬場も重いし、テンも速くなりそうだし、有力馬は先行タイプが多いので、やや後ろの馬のパワーとキレと持続のバランスが良い馬がいいかな。去年に近いヤマニンとスズカは垂れそうです。


では、人気馬を見ていきましょう

ディサイファ


ディサイファのベストは1800mで、伸びれば伸びるほど自在性を失っていきます。明らかに軽さに欠ける持続パワータイプですから、結構危ないと思います。思い切った競馬が出来なそうなのもマイナス。

サトノラーゼン

同距離の京都新聞杯が良い感じです。ただ、好走は今のところ軽い馬場に限られており、中山がどうかは未知数。

体調が良さそうなので、セントライトよりはマシな競馬ができるでしょう。

あとは、ある程度前に付けられれば。頭は少ないタイプと見てます。


マイネルフロスト

距離実績が悪いのはかなりマイナスだし、楽な競馬でしか好走していません。金鯱賞と中山記念は持続戦でそこそこやれていますが、中段から見せ場なくそのままゴールしただけ。消しで良いでしょう。

ショウナンバッハ

本命はコレです。普通、距離が長くなるにつれて緩い流れを好むようになるんですが、ノベンバーSでは軽さを見せてくれました。


どっちが真の姿か? 


というのがはっきりしない(上りはいつも最速だが)、未知の魅力、そして抜群の調教に賭けてみたいです。


人気馬の中に信頼できるのがいたら軸にはしませんが、まあ出遅れないことを祈ります。

以下印


◎ 7 ショウナンバッハ

○ 6 サトノラーゼン
▲ 9 ライズトゥフェイム

△ 3 ディサイファ
△ 11 スーパームーン
△ 13 ヤマニンボワラクテ

買い目

三連複フォーメ 7 - 6 9 - 3 6 9 11 13(9点) 各200円(ディサイファ絡み300円)
馬連 6 - 流し(5点) 各200円




中京は、馬場が重そうで、行った行ったバテたバテたで、脚質的にロワジャルダンの評価は下げざるを得ません。あと衝撃の和生乗り替わりはもちろんマイナス。


前回でも書きましたが、後悔しないようにピッタリのモンドクラッセで行きましょう!


◎ モンドクラッセ

○ ロワジャルダン
▲ インカンテーション
△ アスカノロマン(脚質とスタミナを評価)

買い目

三連複BOX(4点) 各1000円



以上でーす。

スポンサーサイト

PageTop

東海ステークス展望

チャンピオンズカップは実に中京らしいタフなレースではありましたが、テンが速かった影響もあり、あまりに後ろが有利過ぎました。


それにしてもサンビスタのあの激走は、今まで見てきたG1で一番謎でした。何千回やっても取れる気がしません。去年好走してる、なんて得意げな人もいましたが、いやいや、あの時は超スローだったわけで。


引退が惜しまれるところです。


さて、東海ステークスですが、未だに2300mの印象が拭えません。


toukaiS.jpg

さて、これを見るとモンドクラッセで行きたくなります。


しかし、


(いや、最近この「しかし」で取りこぼしているぞ。先週だって……)


とも思いましたが、やはり、買いづらいところ。


というのも、前走も大体好走ラップの範疇だったのに大敗しているので、やや力が足りないかなと。


エーシンモアオバーに突かれたことを考えると、単騎ならもう少し粘れそうだし、メンバー的にしょぼいので、紐にはいれるべきです。



ロワジャルダンは、2戦連続後方有利の流れを追い込んできていますから、今回は多少前に付ける必要があるでしょう。


それが可能なメンバーでもありますし、軸候補です。軽いダートが得意というのは前走好走しているので却下ですね。



インカンテーションは割と好走範囲が広いので軸向きですが、そんなに強くないんですよね。


グラフのラップは前走のものなんですが、これはかなり恵まれています。元々重賞では少し足りない馬で、さらに休み明けでタフな中京ですから、掲示板確保といったところでは。



ローマンレジェンドは、前走負けすぎですね。本命だったんですが。今回間隔があるのは+。やや、仕掛けが遅い方が良いので、ロワジャルダンを優先しますが、展開次第では逆転もあるかも。



アスカノロマンは、どっかで緩んで直線余力があった方がいい馬。食指が動きません。



今のところは、


◎ ロワジャルダン

○ ローマンレジェンド

▲ モンドクラッセ


というガッチガチ予想です。

PageTop

難解な日経新春杯

シュヴァルグランの調教はいくらなんでも良くないかと。ちょっと被りすぎですね。

nikkei.jpg

スローからの瞬発力勝負のようですが、前が止まらないので、持続力優位と見た方がいいです。


過去見渡しても、後方の馬が目立った末脚を使った例はありません。


しかし、今年は少頭数なので、難しい。


馬群が詰まって後ろも届くとみるか、逃げが現われて縦長になるか。


後者の場合、前が残る可能性がたかい。


今までのレースから見て、前残りパターンではまりそうなのはサトノノブレスとアドマイヤフライト。


この2頭はあまり評価していませんがセットで買ってもいいかなと。




展開は置いておくとして、シュヴァルグランはベストが2走前で、日経新春杯とほぼ同じラップを勝っています。


これが実績最上位なら迷わず本命ですが、条件戦だし調教悪いしで積極的に買う気が起きないですね。



となると、やや瞬発力に寄り過ぎなレーヴや、足が遅すぎるベルーフよりも、2走前に2000mで上質の持続力を見せたプロモントーリオから行きたいところです。



以下印

◎ 6 プロモントーリオ

○ 1 レーヴミストラル
▲ 3 アドマイヤフライト
× 7 シュヴァルグラン
△ 9 ベルーフ
注 10 サトノノブレス


買い目
三連複フォーメ 6 - 1 3 - 7 9 10 (6点) 各500円

シュヴァルグランが飛んだら高配当です。



中山はケン、ですが、プロフェットは向くと思います。

PageTop

申し訳ありません

ちょっと忙しく、ラップはご容赦願います。


両メーンの買い目ですが、京都はケンです。


中山は、追走力があり、好調な馬はアーデント1頭なので、この馬から。



買い目

単勝 アーデント 1000円

ワイド アーデント-グランシルク 2000円


以上です。

PageTop

明けおめ&今日の一押し(中山5R 3歳未勝利)

あけましておめでとうございます。



今日は久々に平場をば。


POG指名馬が出るので、真剣に予想しました。


1,10

アップトゥイレヴンがまともな逃げを打てるとは思えず、2番手の馬は早目先頭で苦しくなることも考えられます。

おそらく、平均よりやや持続寄りの展開になると思われますが、その場合の序列は


メゾンリー = キャノンストリート > ロジカロン = ギンザマトリックス


という感じで、状態的にキャノンの逆転もあるかもしれません。枠が嫌ですが。


厳しい展開を経験していない組では、ユークリッドはかなりの上積みが見込めそうかと思います。


というか、メゾンリーで問題ないだろうと思っていたんですが、調教今ひとつで、頭で買いたくないなあ、指名馬だけど、という感じです。


あとは減量のノーブルサンズは押さえときましょう。



以下印

◎  7 メゾンリー

○  8 ユークリッド
▲  15 キャノンストリート


以下△

3 ロジカロン
5 ノーブルサンズ
6 ギンザマトリックス(すごい馬名……)



買い目は、リアルに1Rにつき3000で行こうと思います。


ワイド 8-15 1000円

三連複 7-3,5,6-8,15 3,6絡み400円、5は200円


余力があればメーンもやります!

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。