最新型(?)競馬予想

独自の予想理論「TOS指数」を用いて、回収率110%を目指します!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

2014有馬記念から騎手を考える

2014年の有馬記念。中山に限らずだけど、芝のレースは2200を境に距離が延びるにつれて仕掛けどころが早くなり、レベルが上がるとそれが顕著になっていく傾向がある。

まして、稀代のまくり屋ゴールドシップがいるのだから、当然3F型の馬には厳しくなることが予想された。

今になって、ジェンティルドンナを本命にした人たちはどういう思考回路でそのような結論に至ったかを調べてみると、

「スロー必至。枠。持ってる。人気落ちすぎ」

といったものが多かった。

どの指摘も正しいのだけれど、それくらいは分かっている人が多かったはず。

ただ、「中山・スロー・長距離で余力たっぷりの後方待機組が残り3Fまで誰も仕掛けない」ということはみな考えにくかったのだ。

それに言及していない予想は、たまたま当たっただけだと断じる。

ラップを基にゴールドシップを本命にした私が一番気にかかっていたのはそこだった(前日のシャイニングレイの勝ち方が異様だったのもある)。

岩田・福永・川田。人気3頭の鞍上である。

福永=自分から仕掛けない、のは分かっていたし、川田もそのタイプだよなあ、と思いつつも、岩田ならやってくれるだろう(中山成績は悪くなかった)、それに他の馬もいるわけだし、と期待したら、スローで下げる、全然仕掛けない、という結末。
レースラップは東京のそれだった。

その光景をみて、騎手というのは乗りなれた馬でないと適性は把握できないということを確信した(外国人騎手との差はそこだろう)。

当然、騎手自身も過去のレース映像などを見ているはずだが、おそらく、スタート、気性、位置取りくらいしか分かっていないのだろう。むしろ、それを見てしまったが故にコースやペースに合わせた騎乗が出来なくなっているとすら感じる。


ラップにしろ血統にしろ、どんな予想をしようとも、騎手について考えない予想はダメである。

内田を筆頭に関東の騎手が良くやる向正面仕掛けを、福永がやることを想像できるだろうか。

騎手にも特性があるのだ。テン乗りの時などは特に気を付けなければいけない。

最終的に、もう気にしない! エイヤ! とならないように気をつけたいものである。


ちなみに、2015桜花賞も批判されたけど、あれについてはしょうがないと思っている。阪神1600は足を溜めたもの勝ちなので、スタート後にもう全て決まってしまっていたのである。

某大御所さんなど、コース特性の知識もなく、さらにはいい加減なJRAのハロンごとのラップを参照してこのレースを批判していたが、笑止である。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。