最新型(?)競馬予想

独自の予想理論「TOS指数」を用いて、回収率110%を目指します!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

新潟記念展望

新潟記念
グラフの見方については、他の記事を参照して下さい。


新潟は「コース形態がそうさせる」のではなく、騎手心理の問題でスローになることが多いので難しいです。

スローになると新潟大賞典のダコール、関屋記念のマジェスティハーツ2のように仕掛けが早くなりがちです。

クランモンタナは昨年の新潟記念です。ダコールとは1.5近い開きがあります。新潟の難しさが表れています。

逃げるのはマイネルミラノでしょうか。テンが遅く、じわじわとハナを奪う馬ですが、かかるので、あまり遅くはなりません。
キレは全くないので、仕掛けが早くなることは間違いないのではないかと思います。真下、あるいは少し右下にシフトすると思います。

そうなると、スローの府中マイルで好走した馬はやや外れてしまいます。特にミュゼスルタンは、あまり長く足を使うタイプには見えません。

マジェスティハーツは、前走やや恵まれた感があり「1」の鳴尾記念的流れの方がいいはず。急な加速は出来なそうで、スムーズに外に出せるかがカギでしょう。

ダコールは、前走小牧が前へ出したのが良かった。それまで必要以上に後ろに下げていた感があり、今回も前へ行くでしょう。しかし、それでは展開は向かない、ということになるかと思います。

安心かどうかはさておき、メドウラークは仕掛けが早い方がいいタイプです。長距離の方がいいんでしょうが、展開は向くのではないかと思います。調教も好印象でした。

人気してしまいそうですが、未知数という意味ではアヴニールマルシェ。過去ミュゼスルタンに負けていますが、それは加速力の分かな、という気がします。体調も春より良いし、鞍上も魅力です。

今のところは、アヴニールマルシェ、メドウラーク、マジェスティハーツに好印象を持っています。
血統的には、アヴニールは府中マイルの適性が高そうですが、私はあまり向いていなかった、と考えています。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。