最新型(?)競馬予想

独自の予想理論「TOS指数」を用いて、回収率110%を目指します!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

神戸新聞杯回顧と菊花賞展望

ここ2週、忙しさと理論改良で更新できていませんでしたが、当たったのでそろそろ。

理論は、もう誰でも分かるような、単純な比率にしてみました。補正をどうやってしていくかがこれからの課題です。
いっそのこと指数にこの理論を掛けるのもいいんですが、それはそれで使い分けたいのですよね。


では神戸新聞杯。こんなところでした。朝早くから競馬場いったので書けなくてすみません。
koube.jpg

使っている指数が1位リアル、2位リアファルだったので、リアファルを自信を持って本命に。ティルナノーグは対抗でしたが、まあサンライズセンスの着順を見るに力が足らんし距離も長いのでしょうね。


リアファルの前走の4Fタイムは破格で、恐らく重賞には楽々手が届くだろうという感じだったし、ハロン平均や中京の特性を考えると、距離も良さそうでしたから、「恵まれた」というより実力通りと言っていいのではないか。


今回も4Fタイム優秀で、

11R 46.1(逃げたので=リアファル)
10R 47.2(内回り2000m,1600万下)
9R 46.1(外回り1600m,1000万下)

でした。着差が開いたのも納得です。
特筆すべきは、外回りらしくペースが上がるのがそこまで早くなかったので、上積みがありそうということ。

もちろん、仕掛けが遅く、一瞬の勝負ほど好走するジェンティルドンナタイプもいるのですが、リアファルは、後でも触れますが持久力ありの16号族牝系なんで、4Fタイムはもっと早くなる可能性がある。これは長距離においては重要なことです。


リアルスティールはどうか?ですが、これも同じような足を使ってるので強い。ダービーと皐月賞の結果をみるに、この馬も一瞬の足よりは、長く足を使いたいタイプです。しかし、最後は同じ足になったことを考えると、前半に飛ばしたいとこかな。
要は中距離タイプなんです。掛かる馬なんで、本番までどれだけ改善できるか。リアファルより前に居なければ逆転はないでしょう。
逃げてみろや福永。


菊花賞は、仕掛けが早くなります。特に最後はバテますから、巻き返すのは、「仕掛け早」の馬たち。

去年の神戸新聞杯は仕掛けが遅く、菊花賞の上位2頭は、ワンアンドオンリーの展開のなか好走したのです。

今回もそういう馬が巻き返すのか、とも思いますが、着差がデカ過ぎます。


この中では、アルバートドック、マッサビエルは巻き返しがありそうですが、着差を考えると、別路線から探した方が良さそうかな。


あ、そうそう、菊花賞はここ数年16号族が好走しているんです。ゴールドシップが代表的ですね。

16号の牡馬は、仕掛けが早くなる持久戦にとにかく強い(牝馬は切れる馬が多いんですが。距離持つのは同様です)。リアファルは、おそらくまだ上積みがあるんじゃないかと思います。

京都の高速馬場に対応できれば、あっさりもあり得るでしょう。


ともかく、リアファルが恵まれた、なんて言ってる人は、痛い目に遭いますよ~。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。