最新型(?)競馬予想

独自の予想理論「TOS指数」を用いて、回収率110%を目指します!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

秋華賞展望

仕事辛い……



では、早速秋華賞の展望といきましょう!

いつものあれから。トライアル組が中心なので楽ですね

秋華賞

京都2000はスロー多発コース。オークスと近いくらいだから、後半4Fが問われる。ただ、オークスは外差し後方、京都2000は内枠先行が有利。外優勢だったオークスでよく粘ったココロノアイ、マキシマムドパリは抑えたいところ。

また、秋華賞はハイペースになりやすいといいますが、それは出ている馬次第でしょう。

ジェンティル・ヴィルシーナの名タッグのときはやはり超スローでしたし。

去年のペイシャフェリスみたいな高レベルの逃げ馬はいない。

ローズステークスはさほどハイペースではなく、阪神1800独特の中があまり緩まないラップでした。

なので、京都2000の平均と、去年の秋華賞を結んだ線の真ん中あたりがいいかなあと思います。
桜花賞の時よりは先行馬が揃って早仕掛けになるので、0.005より下のほうがいいですね。

ところで、
個人的に謎だなあと思うのが

タッチングスピーチ<ミッキークイーン

という下馬評。だって、タッチングスピーチが勝ったじゃないの。

まあいいや。個別の評価へ。


ミッキークイーン

前走とクイーンCの内容が良く、外回りの1600から2000くらいがベスト。坂もあった方がいいだろう。
テンいけないので、京都内回りは単純にマイナス、それにノーザン×池江で休み明けの方が買い、と思う。
春戦ってきた馬とは差があるので、切るこたあないと思うけど。

ただ、レベルが上がってもついてこれそうな感じはある。出遅れろ。



タッチングスピーチ

前走から条件が変わってどうか、に尽きるが、札幌も中々の差し天国なので、上積みはない。ただ、それにせよミッキークイーンの外差し専門感直線オンリー感に比べたらマシで、前走そういうコースで先着してるのだから、こっちが上と思う。



レッツゴードンキ

この馬は過大評価されていると思う。前走は別にそんな優秀でもないし、変則桜花賞(グラフを見たら分かると思います)以外では負けてるわけで。コース替わりは確かに+ではあるけど……逆転できる差ではない。

陣営にかかり癖を矯正する気がないのも不満。桜花賞勝ったしそれでいっか、みたいなね。



トーセンビクトリー

血統的にコース替わりは良いけど、差す競馬は前走で底。こちらも簡単に逆転はできない気もする。
前に行って粘る競馬で変わる可能性はあり。


ホワイトエレガンス

わざわざ藻岩山特別を入れたのはタイム優秀だったから(軽斤量ではあったが)
アースライズがオークスくらい走っていると仮定するなら(実際指数はそんなもん)、ここでもそこそこ出来そう。

紫苑Sは間違いなく勝ち馬より強い競馬で、藻岩山のように持続戦でさらに良いのなら展開次第で届く可能性もある。自分で動けるし。全くの別路線組だし、賭けてみる価値ありかと。牝系的な上積みもあるし、今開催はノーザンダンサー系が良いし。



基本的には、春やローズSの序列はあまり変わらないかと。

ただ、例年と比べて今年の主役たちは低調で、別路線組の台頭ありだと思うけどあまりいないのでホワイトエレガンスが軸。

という感じです。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。