最新型(?)競馬予想

独自の予想理論「TOS指数」を用いて、回収率110%を目指します!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

天皇賞秋展望(ラブリーデイ、エイシンヒカリ)

中心となる2頭ですが、半信半疑という人が多いのではないでしょうか。


今回は、1頭ずつ見ていきたいと思います。

ラブリーデイ

前走をどう見るか、が非常に重要ではないでしょうか。

それ以外では、ラブリーデイは仕掛けが早いレースに好走が集中しています。

ここ数年、春と秋がイマイチつながっていないのは、府中が早仕掛けにならないからで、飛ぶパターンだとは思いますが……

春に居場所のなかった牝馬が巻き返すパターンの多いこと。


問題は、前走の極端な瞬発戦を勝っているのをどう見るか。


京都大賞典は、上位馬は全てバランス型でした。私はレベルがあまり高くないし、レースとして成立していたのか疑問なほどの数値なので……参考外としています。紐には入れますが。


プラス材料は、血統的に使い詰めOKなところでしょうか。


エイシンヒカリ

エイシンヒカリは逃げ馬ですから、比較的早仕掛けよりなのはしょうがない。


むしろ、恵まれた勝ちがないことを示しているでしょう。


大敗したチャレンジCを見るに息が入るかどうかが一番重要なので、府中は良いんではないでしょうか。


ただ、2000mで息が入るとより瞬発力寄りの流れになってしまうので、マイネルミラノとかほどではないにせよ、距離延長がプラスということもないでしょう。

調教師も不安ですね。私は前走仕上げ過ぎだったと思うし、間隔を詰めるのが良いタイプとは思えません。



府中改修後の牝馬の台頭は、とにかく仕掛けが遅くなりやすいことに起因していると思います。

古馬3冠なんて、もう見られないんじゃないかなあ。

ともかく、今回も狙うべきは遅仕掛けの馬でしょう。軽斤量なら尚良し。


今回取り上げた2頭は、ヒモ評価までとします。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。