最新型(?)競馬予想

独自の予想理論「TOS指数」を用いて、回収率110%を目指します!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ラップでは無理か阪神ジュベナイルフィリーズ

2歳戦でのラップの使い方は非常に難しいですが、追走できるかどうか、上積みがあるかどうかを指数などと絡めてみるといいかなあと思っています。


阪神JFは10年と11年はスロー。他は、ある程度流れた上で、早仕掛け、というよりは先行馬が坂でバテて追走できない後方組が届いている感じです。中距離タイプの追い込み馬で、直線だけで差し切る瞬発力がある馬が理想。


阪神JF


なんで、ある程度流れた上で、遅い仕掛けで、後方から差し切った馬、というと、デンコウアンジュになるわけですね。


HS型の馬は、同条件ではなかなか勝てず、距離短縮だったりきつい流れだったり先行策に変えたりで走るんですが(サンライズタイセイなんかは距離短縮したらいいんですがね)、阪神JFは2歳牝馬にとってはきつい流れになりやすいので、ピッタリかなあと思うんですね。


タイム的にもこの遅い仕掛けの割に良好なんで、上位2頭は論理的に大負けが考えづらいです(デンコウは気性難でアテにしづらい面もありますが)。


あ、そうそう、この2頭ではメジャーエンブレムの方が人気しそうですが、これは解せないなあ。


ダイワメジャー産駒が控えて真価を発揮した例なんてほぼないでしょう。1400mみたいな持続戦以外では。


馬場的にも外はきつかったし、ぶん回しているしで、デンコウアンジュが一歩、関西馬であることを考えれば2歩リードと思っとるんですが。


ファンタジーS組は、軽い馬場だった割に上積みが今一つ。パワーがありそうで叩き2戦目のブランボヌールはイイと思うんですが、先行馬上位独占だったように、ややスプリント色が強いレースだったと思います。ワントゥワンの惨状を見ても強く推せないトライアルですね。


そんなファンタジーSより仕掛けが早かった(持続寄りだった)レースは、タイム的にも評価できるものがなく、要らないでしょう。アドマイヤリード、クードラパン、ウインミレーユ、アットザシーサイドは買えません。


1400から絡む馬は、上積みがない分、かなり良いタイムで走っていなければいけません。


新潟2歳S、赤松賞は評価していいんじゃないかと思います。


こんな感じなんで、抽選組で1頭は絡みそうだな、と思っています。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。