最新型(?)競馬予想

独自の予想理論「TOS指数」を用いて、回収率110%を目指します!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

絶望的なフラワーカップ

阪神芝3000が内回りであることをすっかり忘れていた恥ずかしい記事でしたから、外れて当然です。


不調の原因は不仲の姉が姪を連れて帰省しているせいで、大ぴらに競馬新聞を手にできないからですね間違いない。


さて、そんな絶望的な状況ではありますが、フラワーカップの予想と相参りたいと思います。


フラワーC

ゲッカコウは内枠なのでどうかですが、この馬がペースを作ればスローからの早仕掛け。昨日の中山は速く仕掛けた馬が垂れて、マウントロブソンのような鈍足系が勝つ馬場。

今日は多少マシでしょうが、直前の芝のレースで前が残ったか早仕掛けが垂れたかで本番のレースの傾向は変わったりするので要注意です。


買いたい馬は、スロー早仕掛けを後ろから追い込んできた馬、消耗戦を前目で粘った馬、なんですが該当馬が……

ギモーヴは脚が遅すぎるし、フェイズ、エンジェルは瞬発戦でした。


では、シンザン記念チューリップ賞を含めハイペースを前目で粘った馬がいるか、というといません。



ということは、基準ラップそのものであるゲッカコウから行くべきということでしょう。さすがに少々人気していますが……


以下印

◎ 3 ゲッカコウ

○ 1 ラブリーアモン
▲ 4 アオイサンシャイン(本命候補ですが延長が嫌で)
▲ 5 ギモーヴ

以下△

2 フェイズベロシティ
6 ヴィブロス(先行期待)
8 ルフォール(POG)
9 エンジェルフェイス
10 ウインクルサルーテ
15 ゴッドカリビアン


買い目

[三連複フォーメ]
3 -1 4 5 - 印ついている馬(21点、各100円)

[馬連]
4 - 印(9点、各100円)

久々の蛭子買いが功を奏するか。


平和島SGは坪井から松井、中野、守田へ。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。