最新型(?)競馬予想

独自の予想理論「TOS指数」を用いて、回収率110%を目指します!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

皐月賞予想(指数表)

さて、前回色々書いたことが無になるような芝刈り。
それに加え、直線の追い風の影響で、土曜の中山のTOS指数は崩壊状態でした。

しかし、風の影響と馬場の影響のバランスは明日見極める必要があるでしょう。土曜は、今までの開催が頭に残っていてスローだった=つまり風よりも馬場自体がかなり軽くなっていたのではないかと思います。あの上がりの速さは風よりも馬場の影響と考えています。

しかし、土曜のレースで騎手の意識が変わってくるはずですし、後述しますが、皐月賞は流れるはず。まして、クラスが上がれば差しが届くようにもなりますから、あまり前に意識を置きすぎない方がいいと思います。

satuki.jpg

※読み方は、左から スピード指数 (レースTOS/個別TOS)です。
 TOSが大きければタフでスタミナが要求されたことを示します。

今年の中山の重賞は、前回書いたように100前後のTOSだったのですが、土曜の傾向を見るに、30から70。レース-個別は20以内がベターでしょう。ようするに、ファンディーナ馬場にしました、ということ。

出走表を見ていただくと、上の条件にファンディーナはぴったり、ということがわかると思います。

厳しい展開で指数を上げている馬、アウトライアーズやウインブライトやレイデオロやクリンチャーは軸にはし辛いし、ペルシアンナイトはレース-個別が大きすぎる。

一応、真っ当に買えばファンディーナかスワーヴリチャードなんですが……


私はタフな馬場でこそ勝って欲しかったなあ。


去年も、馬場が重ければサトノダイヤモンドが勝っていたでしょう。明らかにマイル寄りの馬が勝って、JRAにとっていいことありましたかね、今年もずいぶん大胆に芝を刈ったようですが。

2chを覗くと、馬場に関して侃々諤々やっていましたが、記者も含め、自分で指数も作れない、ターゲットで調べることもしないで印象でものを語るのは不愉快ですねえ。

今回の馬場に関しては改修後の前2年とは明確に違う、ということは言っておかなければならない。今年の中山は「ずっと」時計がかかっていたのだから。そして、それに伴って「明確に」ディープインパクトの成績は落ちていたわけです(前回の記事参照)。全体的な傾向として、ディープは軽さと差しの種牡馬であることは疑いようがありません。あと、ファンディーナがパワーとスタミナを持った馬、とか言ってるのはドがつく素人ですよ。ラップがまるで読めていないと言ってよい。調教も見ることができていない。


それと、改修前の高速馬場では差しが利かなく、持続系の馬が好走したが、改修後は「軽くて差せる」ようになったことを知らないものが多い。

中山改修後、無くなった「個性」がすこし蘇った、と先週までは楽しく競馬をやっていたんですが。
あのCMのせいもあって、一競馬ファンとして興ざめです。


だからこそ、粛々と本命にするのですが。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。